経済・政治・国際

金銭感覚麻痺

最近の経済情勢に伴う大手企業の下方修正が相次いでいるが、赤字○○○○億円downwardrightとか

○万人削減など 私には想像の着かない数字だsign01

ここ数年 大手企業は どこから手当てしてきたのか大型の投資が目白押しだった。

ハッキリいって我々中小企業にとっては想像のつかない数字だった訳だ。

初めは「凄い!!」と思っていたが、想像もつかない額なのに麻痺してしまっているsign02

それにしても今の状態はオイルショックの時にトイレットペーパー買占めに走って

日本では一部パニック状態になった時以上の事態が待ち受けているかもしれない。

全く数字の感覚が麻痺している・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誰がやっているのか

低迷を続ける株式市場 NYも東証もそうだが、8500円から7000円後半での乱高下してい

るようだが、こんな状況の中でもきっちり儲けている奴(ヘッジファンド)がいるらしい。

その取引実態は、殆どがロボットによる取引システム そのプログラムを金融工学を

駆使し、ノーベル賞を貰うような人達が作り上げているらしい。だからこれまでの常識では

考えられないような感じで相場が、乱高下するというのだ。

株式取引停止はできないだろが、取引きの形態を変えないと 

とんでもない事に成りそうな気がしてならない。

過度にコンピュータに操られ株式市場が混乱を起こし、世界経済がdownwardrightというのが

ここ数カ月の状況かもしれない。ロボットシステムによる取引は停止すべきと思うsign01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

定額給付金

今日にでも国会で可決される見込みの定額給付金の事ですが、

昨日私たちの住む市の市長さんの話を聞く機会が有り、市長曰く

「私たちの所でもこの定額給付金全部で80億円にもなります。」up

一人12,000円給付されれば、貯蓄やその他の物に使われるのだが、

全部で80億円が一つの自治体に給付されるとなるとその波及効果は

絶大だというのは 誰が考えても明らかだと思う 市の予算規模と比較すれば

明らか!! 何が何でもこの給付金 永田町の議員さんたちはどう感じているのだろう

麻生総理大臣も漢字の勉強もして欲しいと思うが、数字の勉強ももっとして欲しい

今からしても遅いかdown

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本の政治

米国では先日民主党のオバマ新大統領が誕生した。

米国では大統領が変るといわいる高級官僚の人たちも総入替えになるとか

http://news.cocolog-nifty.com/cs/catalog/cocolog-news_article/catalog_domestic-200901231627_1.htm?s=app

ましてや共和党から民主党政権になるとことさらだろう 

実際早くもオバマ大統領は前政権からの方針転換を打ち出して動き始めている

世界中がその様子を固唾をのんで見ているがこの様々な危機的状況を打破してほしいと思う。

何でもかんでも米国の追随を善しとしてきた日本国民 こと政治だけは追随していない

 何でもかんでも変えるのが良いとは思わないが、

長年やってきて政治家・官僚の関係も是非見直してほしい 

埋蔵金が5年で2.5倍 どういう事なのか憤慨やりきれないpunch 

米国の変革の様子を期待を持って見守りたいと思うし、

そうなれば日本国民だってアホではないと思いたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

消費拡大

景気の急減速で雇用不安を招き、消費マインドも急減速している中で企業としては従来の外需依存型から内需の掘起しにウェイトを置かなければ厳しくなっていくようだが、果たして内需拡大に繋がる様な消費拡大策ってあるのだろうか?政府は、その内需拡大策も具体的に示さないのに景気回復したら消費税増税などと馬鹿げた事を言っている。馬鹿という以外に言い方がない どうせなら向こう2年間現行の消費税をゼロにしてそして景気回復すれば増税ぐらいの事にすればかなり消費は拡大し、内需拡大には即効性があると思うがどうだろか?確か英国も消費税を減税しているはず、昨年の前半は、一時期インフレ傾向になっていたが、これからは、デフレやむなし 消費の維持拡大が、第一優先だと思うが、大企業は在庫調整に目途が立たないので「減産!減産!」と言っているはず GMの「1台買えばもう1ドルでもう一台付けます」までしろとは言わないけれどかなりのディスカウントを行えば買いたいものは色々有る筈、2兆円を定額給付金のばらまきとしか思えないような物に使わずに例えば「ハイブリッドカー1台に20万円の補助」とか「ソーラーパネル設置したら補助金50万円」とかしたら効果は出てくると思うが?素人考えかも知れないが将来に繋がる使い方をしてほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太陽電池市場も?

ここ数年、高成長を謳歌してきた太陽電池市場に暗雲が垂れ込めている。100年に一度と言われる世界的な金融危機や大不況が暗い影を落とし始めており、需要が減退しているのだ。太陽電池世界市場で首位を走る独Qセルズが需要減を受けて業績見通しを下方修正したほか、工場稼働率の大幅下落という話も伝わっている。これまで、太陽電池市場は今後5~10年は安泰と言われてきたが、その成長神話にも陰りが見え始めている。
原油価格の下落もその要因の一つらしいが価格競争力という点ではまだまだ石油に比べて不利な再生可能エネルギー導入の機運が減退する傾向が出てきているということだろうか このような状況はあくまで一時的なものであり、中長期的な視点からみれば太陽電池の成長基調は揺るぎないと思うのだが・・・。今度就任するオバマ大統領の打ち出す「グリーン・ニューディール」政策 これに期待するばかりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

異様な数字

「前年同月比71.9%の大幅減」 という見出し ご存じ工作機械の12月の受注状況の事である。ハッキリ言ってほとんど受注が無い状態、工作機械がこれだから工作機械を使って仕事をしている企業はもちろん厳しい状況だ 不景気の時に設備投資 優秀な人材を確保できるチャンス などと言われるが理屈は判るが現状の製造業を取り巻く環境では設備投資などという言葉は現在我々の思考回路の中には存在しない。12月が上記の数字だとすると実働の少ない1月、2月はどうなるのだろう?深刻に考えてしまう数字だと思う。世の中今は、祈るような気持ちでオバマ大統領の登場をそしてその手腕に期待をかけている。そこに日本の政治家の名が浮かんで来ないのはどうしてだろうか?何とかこの状況を打ち破れるようなパワーあふれる人はいないものか????

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自動車の次は電機

自動車産業が今回の金融危機で大打撃を受けて3月期に史上最高の業績を上げたトヨタも急転直下 来期は赤字 まさしく天国から地獄へ一直線それも半年間で ビッグ3も瀕死の状態 強烈なリストラ以外生き残る道は無さそうだ 改めて自動車産業の裾野の広さを実感したが、今度は日本の電機メーカーが苦しくなってきているようだ 期待の星の液晶TV これも価格下落で投げ売り状態 半導体もダメ お先真っ暗と思いがちだが、自動車と電機 将来的にはこの二つの業界は、有望ではないか?世の中から車が無くなる事はなく、環境にやさしい技術が必要となる 日本の自動車メーカーには他国のメーカよりもその点では技術的に優位だと思うし、電気自動車に必要な電池 これも技術も日本の電機メーカーが先んじている 今のこの時期は時代の変わり目だと思う ここ数年でガラッと世の中が変るかも知れない 今後将来のことを考えればこの二つの業界の日本企業に頑張ってほしいと思う でも今は最悪!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遅い対応

昨年秋以降の世界中を襲った世界同時不況による急速な景気減退 尋常ではない事は欧米各国政府の対応を見れば明らかだ 日本政府も「日本のバブル崩壊後の事を教訓に」などと先生面しているうちに雇用不安を招くような事態に発展 「景気対策」とかいってアナウンスはいいのだけれどいまだ第二次補正予算も国会を通っていない始末、国民の大半が無駄だと思っている定額給付金 政治家の方達は2兆円と言うお金がどれ程のものなのかお判りなのだろうか?そんなもの国民に支給してもその大半は、貯蓄に 決して消費拡大効果など薄い もっと賢い有効な使い道がある筈 民間では「選択と集中」とかいって有効なものに絞って限られたお金を出来るだけ有効に使おうとしているのに 国家だって同じだ 2兆円と言うお金 貴重な国民の税金だろう ばら撒けば国民は納得すると思っているのだろうか?もしこれが効果なかったら誰がどんな風に責任を取るのだろうか? それにしても政府 政治家達の対応はあまりにも対応が遅すぎる。今回の事の重大さに気づいているのだからその後の対応はもっと早く速くやって欲しい何が「日本がこの不況から世界で一番に脱出する?」アナウンスはもういい 早く実行あるのみだ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水資源

近い将来 世界中では深刻な水不足の問題が表面化するといわれている 我々日本人にはもう一つぴんと来ない というのも日本は豊富で良質な水資源に恵まれている と言われてきた貴重な日本が世界に誇れる資源の一つだと しかし これも本当にそうなのだろうか? 食料の自給率が39%の国 野菜などは作るのに相当の水を要する その部分を輸入していると言う事は言い換えれば日本は相当量の水資源も輸入している事になる 今後世界的に食糧危機が来ればどの国も自国優先に決まっている そうなった時現在のような水垂れ流しの日本は大丈夫か?循環型社会の構築が絶対に必要となる 自給率の向上はそう考えると様々な需要を生み出すと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧