« 惑わされない様に | トップページ | 忘れる事の出来ない日 »

春はいつごろから

今日で今年も二月二十日になりました。暦の上では、雨水(うすい)と

言って空から降るものが雪から雨に変わり、雪が溶け始めるころ、

つまり この時節から寒さも峠を越え、衰退し始める時期と云う事ですが、

今年は未だ厳冬の様相で先週末から非常に寒い日が続いています。

春は必ずやって来る訳ですが、今年はいつもにも増して待ちとおしく思います。

福島の原発事故を契機に全国的に原発稼働に関する考え方

が大きく変わってきていて、私達の生活する関西電力管内でも

二十日に全ての原発が定期点検の為に停止する事になっています。

関西電力管内は他の地域と比較しても原子力発電に依存する

割合が他の地域に比べると高いので電力の安定供給について

厳しい状態になる訳です。

不必要と思える様な電気の使用は控える事は今更言うまでも有りませんが、

我々の意識の中で節電とか節約とか言った事を

常に意識する事が大切なのだろうと思います。

しかし行き過ぎた行動も慎むべきだと思います。

今やガスや石油を燃やすと地球温暖化になる事は因果関係が

疑問視されてるので電気が必要な所優先でガスや石油で

代替できるものは使うべきと考えています。

|

« 惑わされない様に | トップページ | 忘れる事の出来ない日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527007/54020784

この記事へのトラックバック一覧です: 春はいつごろから:

« 惑わされない様に | トップページ | 忘れる事の出来ない日 »