« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

考えさせられました。

先週あたりから正しく冬本番と云った感じの寒波が日本列島を

襲って雪がちらつく日が私達の所でも有ったりして、大変寒い日が

続いていて二月も比較的寒い日が多い様な続くとの事です。

ここへきて一気に私達の周りでも風邪などひいて体調を崩す方が、

増えて来ています。皆様方も体調管理には十分注意を払って

頂きたいと思います。先週、テニスの四大大会の一つである

全豪オープン男子シングルで錦織選手がベスト8になった試合を

テレビで見ていました。強靭な体の対戦相手に対してパワーで

挑むのではなく、粘り強く戦った結果だと感じました。

あの粘りは色んな意味で勉強に成りました。

また、先週、ある障害者支援施設を見学して参りました。

厳しい現実がそこには存在していて、言葉を失う様な状況を見るにつれ、

如何に健常者である自分たちが恵まれている事を実感すると共に、

そこでお世話をされている皆さん方に対しては仕事とはいえ

本当に頭の下がる思いで一杯に成りました。

普段、モノづくりという世界の仕事で頭が一杯の私には考えさせられる大きな出来事でした。

毎週発行の宝角合金週刊FAX通信もご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒さも本番

今週は、一年で最も寒い時期に入って行きます。暦の上でも大寒となっています。

先日、読んだある本によると地球の温暖化は近年ずっと

平均気温が上がり続いていますが、2009年辺りがピークで

その後は下がって行くというものでした。

事実昨年の日本の平均気温は前年比で下がっていました。

温暖化は地球の気温変動のサイクルだという説が根拠の様ですが、

真偽のほどは私達には良く判りませんが、

普段の健康管理にはこの時期、より一層注意を

払って行きたいと思っています。

また、この時期プロ野球選手のメジャー移籍が話題になります。

ダルビッシュ選手の移籍の話題は正直、驚くばかりでした。

かつて野茂選手に始まったメジャー移籍で日本のプロ野球界からの

人材流出が危惧された時期も有りましたが、結果的には

頂点であるメジャー挑戦を目指して皆切磋琢磨した結果、

日本のプロ野球界も活性化してる様に感じます。

私達の業界も空洞化が進行していますが、

切磋琢磨する事によってこれから生き残って行きまた、

より競争力を付ける道が有り、ピンチはチャンスの始まり

ではないかなと感じ始めて来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »