« 虎のしっぽを踏むと | トップページ | 時代は急激な変化 »

勘違いか?

我々が小さい頃の通信簿は上から5,4,3,2,1の順番だった米国ではそれが

A+、A、A-、B、Cの順だそうだ 日本の3だと並?という評価でも

米国のA-は並以下ぐらいの評価だそうだ どうも日本人にとって

Aが付くと優秀な感じがするのだろう 例の金融機関の格付け評価

だれがどうやって評価しているのか知りませんが、ご存知一番イイのが

AAA 健全  AAは準健全 Aは破綻懸念先 B、Cは破綻先という評価

という事らしい、金融商品を勧められる際必ず出てくる格付けだが、無知な

日本の営業マンはAがついていれば優秀と勝手に判断し客に説明し、

販売してきた。結果は、一昨年秋口から昨年初めにかけて色んなところで

出てきている一目瞭然だ 日本人の勝手な解釈 国際的にはAだけでは

危険一杯なところという意味だ 客も客でAならいいか なんて思ってきたから

こんな事になる、そもそも格付け評価の説明などするはずないし、

TOPの方々は、そんなこと理解し、解った上で客にどの格付けだけかを

話し、説明責任を果たして?法令順守しているかのようにふるまっている。

話は全く変わるがニュースで「太陽光発電、韓国製パネル輸入販売 

サニックスなど、低価格で」などという記事が有ったが、日本発の技術が

一杯含まれたソーラー事業 人件費の安い国から調達すれば国内のこれからという

大事な環境関連事業が空洞化してしまう可能性大だ、時代錯誤だと言われそうだが、

きっちりとそのようなモノには関税を掛けるべきではないのか?また安けりゃ

何でも何処からでも輸入し、売りきろうという考え方もどうかと思う。

過去に日本は米国を中心とした欧米各国から「ダンピング」だとか言われ

多額の関税を掛けられてきた事を忘れたのだろうか?食料の米も大事だけれど

産業の米もきちっと守らないとえらい事になりそうな感じがします。

|

« 虎のしっぽを踏むと | トップページ | 時代は急激な変化 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

中国が海外(もちろん日本も)の企業を買収しているって騒いでいます。
なんと秘かに中国山地の山々を買いあさっているとのこと。
水の確保が目的だそうです。
思わず「水を制すれば世界を制する」が頭をよぎり、そこまできているの?って恐ろしくなりました。
蛇口をひねれば、飲料水がでてきて当たり前の日本ですが、
軽んじている豊かな資源を産業を大事にしないといけませんね。

投稿: 苺 | 2010年1月18日 (月) 14時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527007/47320821

この記事へのトラックバック一覧です: 勘違いか?:

« 虎のしっぽを踏むと | トップページ | 時代は急激な変化 »